【ドル円】陰線と陽線の出現割合(2018年1月18日〜2月16日、時間足)

期間:2018年1月18日〜2月16日

集計方法:1時間平均足が陽線の場合は、プラス1する。1時間平均足が陰線の場合は、マイナス1する。

見方:数字が多いほど陽線の割合が多いことになります。

時間(日本時間)

結果

0時

-1

1時

1

2時

1

3時

7

4時

3

5時

5

6時

-3

7時

-13

8時

-3

9時

-1

10時

-5

11時

-1

12時

9

13時

5

14時

3

15時

1

16時

7

17時

9

18時

7

19時

7

20時

-1

21時

11

22時

1

23時

-3

まとめ

ここ1ヶ月の傾向です。

朝6時から11時までは下落傾向。

お昼の12時から19時までは上昇傾向。

20時台に一旦もみ合いして、21時から再度上昇し、朝5時から下落に変わる。

 

あくまでその確率が高いと言うことです。

作成日:2019年02月16日
更新日:2019年02月17日

スポンサーリンク